石田企画グループ オーナーのブログ


石田京太の頭の中

by bariton4649
 

<   2011年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

JR博多シティ 元祖博多 豚兵衛 ができるまで!!その2

その1で書いたように二転三転としたなかで

JR駅ビルへの出店を、決めたのはなによりも

誘致をして頂いた開発チームの皆様の想いであった。



豚兵衛を立ち上げて2年目を迎えた新参者であったにもかかわらず

我々を信じて頂いた事に対し(恐縮しっぱなしであったが・・・)

何か、お役に立ちたいという気持ちが、不安を上回ったからである。



まだまだオープンは先だが、JRシティビルの出店に際し最近は

我々にとっては刺激的な方々との出逢いが非常にオモシロくて仕方がない。


開発チーム担当の、Sさん、Mさん、Nさんには本当に感謝しています。、

人との出逢いは、おもしろいな~~~!



という事で昨年の今頃、建築中のビル内を見学させて頂いた。

a0163896_1147586.jpg


スゲ~~~ェ!!!の一言に尽きる!!!!



そしてこの場所が、我々が出店させていただくスペース!!

a0163896_1150916.jpg


このスペースが昨年の11月には

a0163896_1210377.jpg




一年前は、内装までの計画は提出しておらずスペースのみ決まっていたのだが

無から有へ、変化していくだろう事を考えるとなんとも爽快な気分であった!!




でも寒かった事も覚えている・・・・のでもう一度・・・(笑)


a0163896_1153865.jpg

[PR]
by bariton4649 | 2011-01-30 12:14
 

JR博多シティ 元祖博多 豚兵衛 ができるまで!!その1

3月3日のオープンを控え、準備も着々と進んでいる。

思えば昨年の夏よりご縁を頂いた、JRビルの関係者の皆様の熱い想いに支えられて

ちょうど一年前に出店を決めた!


尊敬する偉大なO・K兄貴の言葉に「まず決める事!!」

奥の深い言葉だ・・・・改めて感動してしまう。


この「決める!」という言葉は、非常に重たく決めるまでには四六時中考えるし

やれるかどうかの情報も必要である。


今回のJR博多ビルは、福岡では100年に一度のプロジェクトと言われ

福岡県民の期待も大きい。

本当に福岡を、いや九州を元気にするプロジェクトだと思う。


そのような場所に店舗を構えるなどとは予想もしなかった事だが・・・
(我々の現状の力では不可能な場所でしたので)


また、出店を決めるまでに二転三転し、非常に悩んだ期間だった。



そういう意味では、出店を決めた事で気持ちは楽になった。(あとはやるだけ!!)


どこでもそうだが、店をやる前に必ず売上やら経費がいくらかかって・・

などをシュミレーションし

いけるかどうかの机上で空論を繰り返す。


飲食店は、どのビジネスより初期投資のかかる業態で


もし負ければ(お客様に必要とされなくなり、見放されれば・・)

多額の借金を抱え会社も潰れる可能性は充分にある。


それよりも信用してついてきてくれた社員とその家族が不幸になってしまう。


そういう意味では、絶対に負けられないし絶対に負けない!!

大げさに聞こえるが、身近な先輩方もそのような結果になり

本当にショックな想いをした。


全ては、トップの判断一つである。

[PR]
by bariton4649 | 2011-01-29 22:19
 

恐るべし 東京 その3

東京での仕事を終えて、

(五星物産のリー部長と金さん、久しぶりにエキサイティングな話しができましたね~ありがとうございました)

夜は、打ち上げも兼ねて東京散策!

アテンドして頂いたのはSBSのIさん(いつもいきなりの訪問を快く受けて頂きありがとうございます!


今回は仕事終了時に新宿にいたので、新宿で恐るべし東京を体感することができた!


まずは、「新宿思い出横丁」

a0163896_1231781.jpg


路地に入ると、そこは昭和だった。

a0163896_22261358.jpg


昔ながらの、やきとんの店があったりレトロとはこういう場所なのだと実感!

a0163896_12341332.jpg


煮込みと何やら不思議な酒???ちょっと悪酔いしてしまった・・・

結局、この後4軒の店を廻るのだが

どこも昭和の雰囲気をそのままに残したお店く

オヤジの聖地といった感じでグッとくるなぁ~


途中、新宿駅の究極の大衆飲食店に寄った。

「COFFEEとBEERとHOTDOGの店 ベルグ」

朝から昼そしてカフェタイムとビールタイムと、いかなる時間にも対応でき

本物の味を低料金で提供しているこの店は35年の歴史をもっているとか。

席が埋まっても、カップやグラスの返却場所の横で立ち飲みで盛り上がっていたり・・・

不思議で凄い店やね~笑

この店はいろんな意味で勉強になった!
a0163896_2314990.jpg




その次は、ゴールデン街

a0163896_1238191.jpg


こちらも強烈なエリア・・・歩いている人も振り返るほどに強烈で、思わず笑ってしまう


なんで自分で笑っているのか?分からないが・・・多分想像を超えわけが分からなくなると人は笑うんだろう・・・?

古びた一軒狭い店に入ったが、その店内のマスターを無視して階段を上り2階へ


そこは、また違うオーナーがしているレトロなバーになっていた・・・・びっくり!!

店の奥には、今はなきジュークボックスが・・・・・

a0163896_2301591.jpg


つれて来たIさんは、何やらジュークボックスの前で仕込み中・・


その内に坂本 九さんの「上をむいて歩こう」が流れてきて

下町ハイボールを口にした。昭和にタイムスリップ(笑)



次に連れて行ってもらったのが「OIL」というバーで、壁一面に「松田優作」さんのポスターで

埋め尽くされ洋楽のミュジックビデオが液晶画面に流れながら、かかっているBGMは

昭和の歌謡曲!!!意味がわから~んので、勝手に静かにふくみ笑って飲んだ。

a0163896_22502632.jpg



カウンターの人も、松田優作さんを思い出してる感じで・・・・

静かに飲んでいる。

マスターはロン毛でサングラス、元パンクロッカーという感じで・・・・



とりあえず、ジャックの水割りを飲みながら妄想していると、そこに突然5名の外国人客!

ますます意味がわからん・・・笑 



おもしろいね~~このありえない感覚!

外国人客も飲みっぷりがよく、日本のウイスキーを褒め称えていた!!「ヤ・マ・ザ・キ~」みたいな・・・・


英語が解からんので、博多弁で対応し


とりあえず会話ふられたらYES!YES!と笑顔振りまいた!


20分後!!

a0163896_22465482.jpg


こうなっちゃった(笑)


お酒を楽しむのには、国境はな~~~いのだ!

これが、食べて呑む魅力であり楽しさかな!!

今回も、恐るべし東京!刺激になり勉強になりました!

[PR]
by bariton4649 | 2011-01-28 12:45
 

昨日は!その2

今、進めているプロジェクトは

2月7日に西新にオープンする「サムゲタンとタッカンマリの専門店 鶏一羽(とりいっぱ)と

3月3日JR博多シティに出店する「元祖博多 豚兵衛」の2つである。


期日的に両店舗の準備も最終段階に入ってきている。


昨日の昼は、徳永デザイン室の徳永社長とポジャギで打ち合わせ。

豚兵衛はメニューもでき、メニューブックの最終段階!

a0163896_9542694.jpg


今月末には、準備が整いあとは現場でのトレーニングやオペレーションの確認に入る事になる。




一方、鶏一羽(とりいっぱ)は、いきなりはじめたプロジェクトという事もあり

やっと店舗のロゴが決まった。

a0163896_957752.jpg



昨日、現場での内装の最終打ち合わせを終え、

いよいよ2月1日より工事に入るという段取りだ。



ただ、鶏一羽(とりいっぱ)の店舗イメージが100%確実に頭の中で決まったわけではなく・・・

(今さらですが、最終のツメというかヒラメキが、まだまだものたりない・・・カチッとこないというか・・・うまく言葉にならないが・・・笑)


という事で、昨夜は恵比寿と青山の韓国料理店にて食事した。


行けば気づく事が、本当に多いよな~


自分のイメージをリアルに体験する為、イメージに近い店舗さん行き

実際お客として体験し、店を感じてみる。


そこで、もっとこうだな~とか、これと違うなぁ~など感じた事が、

これからオープンする店舗に反映される事になる。


a0163896_1093090.jpg



やっぱこの時代に10年以上ヒットしているお店は凄いよなぁ~

[PR]
by bariton4649 | 2011-01-27 10:15
 

昨夜の営業終了後

a0163896_910152.jpg

a0163896_9101587.jpg

ポジャギで2月7日にオープンする

サムゲタンとタッカンマリ専門店

「鶏一羽」(とりいっぱ)

の商品撮影を行った!


若手のカメラマン北島くんとのコンビネーションも

だいぶんいい感じやね〜

営業終了後からの撮影で
スタッフの皆さん
カメラマンの北島くん

遅くまで、お疲れ様でした!

ふうー
やっと一歩前進!
[PR]
by bariton4649 | 2011-01-26 09:10
 

タッカンマリ!その3

タッカンマリの旅の途中に

ソウルから車で40分のブンダンとい新しい街まで、韓国の イ・兄貴に会いに行った。


イ・兄貴は韓国№1の実績を誇る海産物商社の常務で、韓国全土の美味いものを知り尽くし

こだわりの生産者とのパイプも強く兄貴に聞けばどこの何が美味しいか答えてくれる。

ほとんどの移動が車で、3年で15万キロは全土各地を走っているらしい!!スゲェ~

また、故郷が食べ物の都「全洲」で家が朝鮮人参を栽培しているらしい!

タッカンマリには、朝鮮人参をよく使うのでなんとか協力してくれないかな~~~という下心も(笑)


「お~~久しぶり!!飯食べるぞ!」と言われ怪しいテント作りの店へ・・


a0163896_14302211.jpg


そこは、軍隊をテーマにした焼肉店で店内には軍服やライフルなどの品々が展示してあった。



軍曹のような兄貴だが、本当に優しい人である!朝鮮人参も協力してくれるみたいで

交渉成立・・・いや交渉はしていない・・・お願いを全部聞き入れてくれた(笑)



さっ!注文!!

a0163896_14434023.jpg



まっ!食べろ!


横のテーブルになにやら面白もの発見し、つい注文してしまった。


a0163896_14482057.jpg


出てきたのは飯盒?


中身は・・・・

a0163896_14493851.jpg


なのやら、ご飯とナムルらしきものが・・


貸してみろ!兄貴。こうするんだ!!!


a0163896_1451961.jpg


俺の大好きな、リッツカールトンのバーテンダー並みの勢いで両手で飯盒を振りはじめた。

うお~~~~~っなんじゃ~という間に、出来上がったみたい!



はいどうぞ!!と渡され、中を覗き込むと・・

a0163896_14581480.jpg


ビビンバになっとる~~~笑  これが軍隊ビビンバらしい!!



見た目は悪いが・・・味は・・・・兄貴の心が入って・・・ウマイッス!



他には、ラーメンバージョンも!

a0163896_1512134.jpg


呑んで食べて、腹は爆裂寸前!!目には涙が・・・

やっぱ、兄貴の料理は残せんよなぁ~~とチング金もがんばった!!



誠におもしろき時間を過ごさせてもらった。

イ兄貴、ご馳走様でした!!!

[PR]
by bariton4649 | 2011-01-25 15:07
 

タッカンマリ!その2

来月、2月7日にタッカンマリとサムゲタンの専門店「鶏一羽」(とりぃっぱ)の出店を決めた!


今回のソウルでは、タッカンマリの味の確認と開発

それと使う器や食材の購入が主な目的だ。



商品を開発する時、とにかくその商品を徹底的に食べまくる!!
(そのまえに、どこが美味しいか調べる事が大事なんだよね~)

店を決めたら、。段取りよくコースを設定し一日5軒は食べて廻る。



今回は、鶏がテーマなのに最近我が身体が何故かブタちゃん化している・・・・・(笑)いや笑えない・・


そして、その商品にまつわるエピソードや歴史、素材を調べる。

適当に作っていくのは簡単なのだが、性格上凝ってしまう・・よくいえば本物志向!!

(でも時間と手間ひまかかるよね~)



商品と味が決まっても、どのお客様に向けて発信するかが全てのポイントで

それによりブランドのもつ温度感が決まる。

例えば、店内の色合いや雰囲気。

そして価格帯を決めてそれにある器や提供方法など・・・

あとスタッフのユニホームなども温度感を保つ意味でも重要なポイントだ!



そう言っておきながら、実は自分の頭の中がまだまだ整理できておらず・・・

とりあえず、走りながら考えている。

という事で、いつもお世話になっている東大門の器やさんへ!

a0163896_14421620.jpg




韓国では、器や鍋、食器などを専門に売る店が集まっている。
(ボタンや布地といものも専門店の集まる通りがある)

a0163896_14444124.jpg


店内は所狭しと、石の鍋や陶器、メラミンの食器、鍋などいろんな店舗に対応できるように

いろんな種類の皿が並んでいる。


今回も本物を気軽に体験できるような、おもしろい鍋を選んだ!




味についても、現在姉妹店のコリアンキッチン・ポジャギでも提供しているので問題はないのだが

再度、味の確認も兼ねて韓国のスターシェフであるユ先生の協力のもと商品開発を行った。

a0163896_1452457.jpg




鶏一羽(とりぃっぱ)では、タッカンマリ以外の韓国の鶏料理を提供する!



少し辛めの鶏鍋「タットリタン」

a0163896_14553469.jpg


タットリタンの「トリ」は、日本語の鶏からきている比較的新しい料理で

激辛ではないが、程よい辛さが食欲を促進させ病みつきになりそう~



安東地方の甘めの鶏料理

「アンドン・チムタック」

a0163896_14573592.jpg


日本のすき焼に似たタレで、鶏やジャガイモ・トッポギ・キャベツ・春雨と炒め煮した料理!




今回は、ユ先生のお弟子さんで韓国の南極基地でシェフを務め昨年の韓国料理コンクールで金賞を

受賞されたカンさん、通訳をしてくれたソンさんのお陰ので内容の濃いいい時間を過ごせた。

ユ先生はじめ、皆さんに本当に感謝の気持ちでいっぱいである。ありがとうございます!



韓国出張の最終日、帰国する前にもう一度だけ

タッカンマリの専門店にいった。飛行機の時間もあり2倍速でタッカンマリをほう張り

帰ろうとした時、美のカリスマIKKOさんと遭遇!!


「お~~~~っIKKOさんやん~~~!」(いきなり有名人に会うと、へんな言葉になるよね~)


IKKOさん:「あれ、前にお会いしましたか???」


「いや、はじめてです~~!」(なれなれしすぎたかも 笑)


まっ!難しい事はぬき!はい記念撮影!!


a0163896_1516796.jpg


気さくに対応してくれたIKKOさん、どうもありがとうございました!

いい人やったなぁ~~

[PR]
by bariton4649 | 2011-01-23 15:25
 

タッカンマリ!

「韓国料理で何が一番すきですか?」という質問をよく受けるが


10年くらい前から変わらずに「タッカンマリ」と答えていた。

何故?と聞かれたら、

「元気に食べる!!」「本能が蘇る!!」「面白い」と答えてしまっている。




「タッカンマリ」鶏一羽という意味
(本来はタッは鶏、ハンマリが一羽だが呼ぶ時にタッカンマリと発音します)

昔は、内臓と胸肉を刺し身で食べてモモ肉をプルコギで食べ、残った骨でスープをとり

最後にカルグクスという麺を入れて一羽丸まる使う料理をタッカンマリという。
(少数の店舗が昔のやり方で提供しているらしい)



今では、大きなバケツ?たらい?に鶏一羽入った料理の事をさすのだが、

歴史的な背景から料理も変化していっている




韓国という国は大陸なので

昔から中国やモンゴルといった国、海を隔てた日本でさえ侵略しようしていた時代がある。

その為、戦いも多く国内は乱れ庶民の暮らしは貧しい時期が多くあったようだ。



日本も同様食べ物は乏しく、全ての食材が貴重なものだった。

そんな大変な時期の話を聞いた。



ある村での話だが結婚する控えた娘の母親が、相手の男性が挨拶に来てくれたときに


娘の健康と幸せ、よろしくお願いしますの想いを込めて作ったのがタッカンマリと言われている。


当時は、貴重な食材であった若鶏(これから卵を生むことができる鶏)と高価な朝鮮人参を

一緒に炊いて提供したとか・・・



当時の状況を察すれば、母親の精一杯の想いや愛情の入った真心料理だ!



これが進化して、王様に出された料理が宮廷料理の「サムゲタン」



それから時代も変わり戦乱の世が来るのだが、家庭でもい食べるものが少なくなってしまった時代では

このタッカンマリは若鶏ではなく老鶏を使い
(卵を生めなくなった鶏で値段は若鶏の4分の1くらい)

タップリの水を入れてジャガイモや餅もいれ

大人数の家族が食べても、お腹一杯になれるようにと食べられてきた。



そんな、母の真心と子供達への想い

そしてどんな厳しい時代でも、食べる事を大事にし

食べる事で活力にしてきた生活の知恵の詰まった料理のような気がする。



この事は、今の日本人に必要な事ではないだろうか・・・・・

そんな想いもあり、「タッカンマリ」が好きなんだろうなぁ~(笑)

a0163896_1673657.jpg

[PR]
by bariton4649 | 2011-01-21 16:17
 

出逢い

a0163896_9362099.jpg

いつも宿泊するホテルのフロントマンの朝倉くん!


朝倉くんは夜勤務で

朝8時に仕事が終わるとい
う事で昨夜ホテルに戻った
時に朝飯に誘った(笑)


上海に7年、ソウルは9ヶ
月とアジア経験の真っ最中!

なんか、永い付き合いが、できそうやね〜

一緒に仕事してたりして…(笑)

これからが、楽しみな

出逢いだった。



さぁ、今日は新店舗の器や
鍋を購入し

シンチョンの

ユ先生のところで

商品開発させてもらう事になっている。


そうそう、

インサドンで店舗の装飾品も探さないと…
こちらも、いい出逢いを期待しよう!
[PR]
by bariton4649 | 2011-01-19 09:36
 

今回のテーマは、

a0163896_1243589.jpg

a0163896_1243617.jpg

来月7日に、西新店街の中にある

コリアンキッチン・ポジャギ横に

サムゲタンとタッカンマリ専門店

「鶏一羽」(とりいっぱ)
という店のオープン準備の為、さむーいソウルに来た訳は
テーマは、鶏なんです!


赤い鍋は、タットリタン という辛い料理!


白いスープは、タッカンマリ!

ここは、朝鮮人参が入っていないなぁ〜


間違えてタットリタン先に食べたんで、

舌が爆裂状態で味がわからん…(笑)
[PR]
by bariton4649 | 2011-01-18 01:24


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
AKIYOSHIさん ..
by bariton4649 at 20:17
nakachan02さん..
by bariton4649 at 18:13
勝手にリンクをさせていた..
by nakachan02 at 23:39
藤本さん お久しぶりで..
by bariton4649 at 12:23
SUEさん がんば..
by bariton4649 at 15:29
コッソリ、またまた影なが..
by sue at 17:29
こんばんは!藤本です。 ..
by k03201974 at 23:00
DM、KN、KSさん ..
by bariton4649 at 15:45
りーさん また、呑みま..
by bariton4649 at 00:40
料理最高!!オーナー最高..
by りーさん at 19:54
メモ帳
最新のトラックバック
JR博多シティ
from 【ブログ-2日】遊行日記(じ..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
バルポポ 大名 最終日
at 2017-02-26 16:30
2016 SG. Fami..
at 2016-12-14 18:50
バルセロナ!
at 2016-07-13 21:39
久しぶりのスペインナイト!
at 2016-05-21 16:34
博多駅から300歩 横丁
at 2016-05-08 18:24
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク